こんにちは。アロマサロン、Rosa Blanca.のMihoです💛


今日は、前回に引き続き、アロマの資格を取得する方法です。


アロマテラピーアドバイザー》

この資格は、比較的簡単に取得できます。 検定で1級をとったあと、アドバイザー認定講座を受ければよいのです。
時間数は3時間です。

ただし、この資格からはAEAJの会員になる必要があり、協会に登録するための登録認定料も必要です。

この資格を取得すると、アロマテラピーインストラクターやアロマテラピーセラピストへ進むことができます。


アロマテラピーインストラクター》

アロマテラピーアドバイザーの資格を有していることが条件で、以前は独学でも受験することができたのですが、2013年から制度が改正になり、認定校で48時間ほどのカリキュラム履修が必要になりました。(必須履修科目は25時間)

ここからは、かなり専門的な内容も入ってきて、精油の化学式や解剖生理学、健康学なども学習します。
精油のプロフィールも精油の名前・学名・原産地・主成分なども覚えなくてはなりません。

大変ですが、覚えるとためになり、人のカラダの仕組みや神経系、内分泌系、免疫系などの働きが理解できてアロマの素晴らしさもより一層わかるようになります。 また、実習などもあり、コスメなど楽しく作ることができました。



アロマテラピーセラピスト》

こちらもアロマテラピーアドバイザーの資格を有していることが条件で、独学での受験はできなくなりました。やはりお客様のカラダに直接触れて、アロマのトリートメントを行うわけですから、前出のインストラクターより多くの知識を学ぶのと同時に実技の習得なども必要になります。

試験もインストラクターでは、学科のみですが、セラピストでは実技試験もありますし、協力者に施術した30ケースほどのカルテ審査もありますから、生半可な気持ちではできませんね。


認定校でのカリキュラムも146時間と、インストラクターの3倍ほどになります。 わたしも友人のカルテ審査の協力者になったことがありましたね。

その友人は、「セラピストが天職だ」と言っていましたから、頑張れたのでしょうね。

3601b7aadd58d9f2d25068afe56feb70_s


そして最後に、新しく創設される資格が2つあります。

 アロマブレンドデザイナー
 アロマハンドセラピスト

このふたつの資格は、今年後半から講座が始まるようで、まだ、詳しい内容については、発表されていません。
試験はなく、アドバイザーの資格があれば、カリキュラムを履修し、協会に登録認定されるようです。


わたしも、このふたつの資格修得にはチャレンジしようと考えています。

詳細については、AEAJのホームページを参照してください。


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ